われわれ日本人は国連がすんばらしいとこ?だと思ってるらしい【小沢一郎の国連だよ?というだまし】 - ♪高校生のブログ♪柏発信

われわれ日本人は国連がすんばらしいとこ?だと思ってるらしい【小沢一郎の国連だよ?というだまし】2018/08/26

国連はよ〜?日本が昔の南米だとすんとな?スペイン人みたいなもんだよ スペイン人が南米の土人にどんな?こと?したんか?わかってんだろな?

<国連は日本の敵だ>

かれらは日本を敵としている

 国連は日本の!日本人の!敵なんだよな=これ?だれもしらんのか? 国連はよ〜!な?敵なんだ 国連は日本を潰(つぶ)すためにあんだよな だれも?これ?言わんよな?かれらにカネ?もらってんだ 女?あれしてんだよっ!国連が何?言った?とか困った風な内容を撒(ま)き散らしてん奴がいるが?国連の宣伝してんだよっ!わかるか?これが偽善(ぎぜん)って〜言うんだ ユニセフみて〜なもんだ 困った風してカネ?だましとる?のが偽善って〜言うんだよな=だましだよ!

 われわれは小沢一郎に催眠術かけられてもう20年くらいたつのだろうか?国連に従っていればいい?とおもわされている子供のような日本人である これがマッカーサーが日本人は12歳である!と言ったことだ しかしかれらは遊牧民で目の前の人物さえ絶対!ぜったい!信じない連中である こんなだましの連中のいる国連である

 たしかにかれらから見れば12歳の子供のようにだまされる日本人かもしんないが?かれらと明太子すんときは日本人と明太子すんときと違う日本人にならなければならないのだ かれらはだまし連発!の連中、民族、だからだ

<だましの国連>

<新世界のユートピア> 増田義郎

西尾幹二氏推薦の書

 ポルトガル人が1543年に種子島に来て、1579年にザビエルが来た=この本を読むとかれらの探検心が南アメリカどころではなく日本まで及んでいたことが得心(とくしん のみこむこと 納得)できる 種子島のあたりにかれらは南米あたりを大探検してんです=日本に来たのは不思議でもなんでもないことがこの書籍でわかりますたい?

 かれらが侵略すんに?どんな?えぐい!やり方をしたか?これでわかる ラスカサスの虐殺銅板の記録よりすごいことが書いてある スペインとポルトガルが現地人(土人)をどんな風に扱ったか(日本人をどう?扱うか?)がわかる?南米の言語はスペイン語ポルトガル語なのだ かれらが日本に英語を強制してることはこれで簡単にわかる?土人の言語など許さない!ということだ

 日本はスペイン人にやられた土人のように順々にやられている?と感じます カリブ海、メキシコ、の土人は大人しかったのです 武器も持っていませんでした スペイン人は土人を全くの猿?として扱っていました(と?私は感じました) 日本人を猿とする映画「猿の惑星」の感覚がかれらのホンネ!です

 カナンの遺言<既成秩序の破壊と秩序ある政府の廃止>そのものが現在の日本である!と私は判断しています カナンの遺言はカナンの呪いともいいます

現在の国家戦略特区法はスペインがやらかした「エンコミエンダ」そのものです エンコミエンダ所有者がパソナであり加計学園でもあるということです

かれらはヘーゲル弁証法で己れたちの有利な、望む、思い通りの、方向に羊たち(大衆)を誘導するのです

↓↓↓西田昌司ヘイトスピーチ法は1694年からの由緒(ゆいしょ)?ある?法律です それを在特会を使って10年かけて成立させたのです 西田昌司(にしだしょうじ)と有田芳生(ありたよしふ)が在特会の仕上げをしたのです 在特会西田昌司有田芳生はマッソン=ユダヤ人の手ノ者(忍者のこと)という結論になります 徳川政権もスペイン虐殺銅板を見てスペインを忌避(きひ いみさけること)しました だから長崎出島はオランダだけが許可されたのです 英蘭のだましです 西田昌司ヘイトスピーチ法は日本人を自己嫌悪に落とし込むためのものです 車で言うと自己嫌悪のターボエンジンです なお、西田昌司有田芳生在特会ともマッソン=ユダヤ人の手ノ者(忍者のこと)です

<スペインの虐殺銅板>

西尾幹二氏は慰安婦像はかつてスペインが英蘭にやられたことだ!と語っています この虐殺銅板でスペイン人は自己嫌悪におちいって経済が停滞し、二流国となってしまいました これを日本は、日本人は、かれらにやられているのです 何百年も続きますのでお覚悟を・・・

「ラスカサスのインディアス破壊についての簡潔な報告」